これからはクラウドファンディングがボードゲーム制作のスタンダード

クラウドファンディングを初めて使ってみた

さうすぽおう ボードゲーム クラウドファンディング 制作 開発 企画 左利き

左利きカードゲーム”さうすぽおう”と次世代の育毛剤”フサフサクセス”のデザイナーの老中です。
ボードゲーム制作始めて、半年。
処女作”さうすぽおう”が5月に100個完売し、調子に乗って500個制作したい!と意気込んだ私達。
クラウドファンディングサービスCAMP FIREを使って、ボードゲームに投資を募ったところ、予想以上の反響を得て、着実に目標投資額に達することができました。

さうすぽおう 左利き カードゲーム
まさか私達に3万も投資してくれるとは思っていない商品も、私達に投資してくださるパトロンの方が。(京都まで届けに行きました!)

今回はこんな方に読んでほしいです。
・ボードゲーム制作をしたいけど、お金がない
・自分のアイデアが社会に受け入れられるか不安
・原価を気にして、高価なコンポーネントが含まれるゲームをつい遠ざけてしまう。
・クラウドファンディングをやってみたい

私達もこれからのボードゲーム制作は、クラウドファンディングを活用しながら、お金というストレスを少しでもフリーにし、クリエイティブに注力したいと思っています。

クラウドファンディングサイトって?

クラウドファンディングとは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である

wikipedia

インターネットの力で、誰でも簡単に不特定多数の方から寄付や協力を募ることができるのです!
財布のわずかな小銭を見て、アイデアを諦めることがない、素晴らしい世の中となってきましたね!

ボードゲームが販売されているクラウドファンディングサイトは大きく4つです。

CAMPFIRE

クラウドファンディング ボードゲーム
今回私達も使用した、大手クラウドファンディングサイト CAMPFIRE。テレビCMも放映されていた。

CAMPFIREは国内最大の支援総額、支援者数、プロジェクト成立件数を誇るクラウドファンディングサイト。今年はテレビCMも放映されて、認知度は上昇中。手数料は12%+決済手数料5%(2019年12月執筆時点)。2019年7〜9月ごろは手数料無料キャンペーンを実施していた。シノミリアカレポ真贋のはざまでなど、同人ボードゲームでの最近の話題作も積極的に利用。

Makuake

クラウドファンディング ボードゲーム
サイバーエージェントの新規事業から生まれたクラウドファンディングサイト。

Makuakeは株式会社サイバーエージェントの子会社が運営している、クラウドファンディングサイト。手数料は20%※決済手数料5%含む(2019年12月執筆時点)。ボードゲームの出品はCAMPFIREほど多くないが、7つの習慣ボルカルスなど500万を超える大型案件を扱っている。

Ready for

クラウドファンディング ボードゲーム
日本初のクラウドファンディングサイト

READYFORは2011年に開設された、日本初のクラウドファンディングサイト。社会貢献やボランティアのような案件が多い。手数料は12%〜17%※決済手数料5%含む(2019年12月執筆時点)。ボードゲームの出品は多くないが、知育や教育向けのゲームが出品されている。例)アドラー心理学を学ぶ食育を学ぶ

KICKSTARTER

クラウドファンディング ボードゲーム
アメリカ発のクリエイター向けクラウドファンディングサイト

KICKSTARTERはアメリカ発、世界最大のクラウドファンディングサイト。手数料は5%+4.5%(2019年12月執筆時点)。日本上陸は2017年で、日本のボードゲームの出品数は少ないですが、海外作品はたくさんあります。約10億集め、かつKICKSTARTER史上最大の支援者数を集めたExploding Kitten(爆発子猫)や約4億集めたボードゲームConanが有名です。

どのサイトを使えばいいの?

クラウドファンディング ボードゲーム

結論から言うと、今回使用したCAMPFIREがおすすめです。
・日本のボードゲーム出品数はおそらく一番多い
・テレビCMも行っており日本での認知度が高い

かつ現在は行っていませんが、2019年7月頃には「手数料無料キャンペーン」を実施していました。そうなると通常17%かかる手数料が無料(ただし50万以下のプロジェクトに限る)となります。今後も実施されるなら、これを機に初めてみるのもいいかもしれません。

また、今後は世界最大のプラットフォームKICKSTATERの成長も気になるところです。海外向けに、しっかりと翻訳対応を行うのであれば、グローバルを舞台に作品を届けることができます。かつ手数料も他のサイトと比べて低いので、自分の手元にお金も残るでしょう。

クラウドファンディングをやってみた話

ではどうやってクラウドファンディングを始めて、どのような工夫をしたか、については今後配信していきたいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。

また、私達のクラウドファンディングサイトも下記リンクからご参照頂けますので見てみてくださいね。疑問、質問などあればメール・Twitterで何でもお答えします。

Follow me!