【Kingdom】王国の威信を賭けて戦う戦略カードゲーム

kingdom カードゲーム 戦略 ボードゲーム

王国の威信を賭け、総力を尽くして戦う戦略カードゲームだ

私は敵を出し抜く対戦ゲームが大好きだ。小学生のとき熱中したのはポケモン、大学生で熱中したのはプロ野球スピリッツ。共通点は自分のチームを総動員して、戦略的に相手に勝つこと。

今回紹介するKingdomという戦略カードゲームは、敵を出し抜き勝負する興奮をとてもシンプルなルールのもと体験できるゲームに仕上がっている。
アクサン・シルコンフレックスはゲーム制作の仲間の共同体であるため、ゲームデザイナーが複数所属している。今回は同じ団体の仲間のゲームを客観的な立場からご紹介したい。

Kingdomの世界観はこんな感じ。

覇権を獲得するため、王国同士が争い合う世界。
各王国は国力の全てを費やし、他国の戦法を推考しながら互いに戦う。
王の力は圧倒的だが、その力が絶対とは限らない。王は常に魔術師に狙われており、タイミングが悪いと魔術によって葬り去られてしまう…
敵の戦略・特殊カードを見極めることが勝利のカギ。誰でもすぐわかる簡単なルールで、考えれば考えるほど奥が深い戦略カードゲーム。

Kingdom ルール

とにかく覇権を取るために敵の王国を倒していこうではないか。

クレヨンテイストがかわいらしいオシャレなデザイン

kingdom カードゲーム 戦略 ボードゲーム
ゲームデザイナー Saitoがクレヨンで描いたそうだが、実に味わいがある

クレヨンで描いたカードがとてもかわいい。童心に戻って制作したのだろう。

kingdom
まさか、この世界観のために小学生の時慣れ親しんだコレを使うなんて。

Kingdomは星1から星5までの階級カード5枚と、ランダムで配られる特殊カード1枚の計6枚のカードで各プレイヤーと戦う。5枚の階級カードを「どの順番で場に出すか?」と「いつ特殊カードを使うか?」の2点に集中して思考を巡らせるのだ。
言うなれば、柔道や剣道のような5人制団体戦に、魔法が一回だけ使えるような感じだ。
大将戦は負けでいいから先に3勝してやろう」、「あえて一番最初に一番強いのをもっていこう」など様々な戦い方を思案する。

テーブルの配置

kingdom カードゲーム 戦略 ボードゲーム

Kingdomのテーブル配置は上図の通り。一つずつ紹介していこう。

  1. 山札:最初に階級カード5枚を自由に並べ、その順番で場に出して戦う。どの順番で階級カードを出すか、が考えるポイントの一番目だ。
    「先に強いカードを持って勝ち続ける」「最後に強いカードを持ってくる」などは相手の思考を読みながら配置する。
  2. 特殊カード:親から裏向きに1枚配られる。効果は後述するが、この効果によって山札の順番も変わってくる。特殊カードの出すタイミングが考えるポイントの二番目だ。
  3. :ラウンドの始めに全員で一斉に山札の一番上から一枚ずつ出す。対戦に負けたら山札から補充する。
  4. 捨札:対戦に負けたら、場のカードが捨札となる。

ゲームの進め方

kingdom カードゲーム 戦略 ボードゲーム

ゲームはラウンドを繰り返し、最終的に2勝したプレイヤーがこのゲームの勝者となる。
ラウンドでは、場に山札の1番上のカードを公開した後、親から順に手番を行う。

手番では「攻撃」と「パス」が選択できる。
手番を繰り返し、攻撃で相手の階級カードを捨札にして、最後まで生き残った1人がラウンドの勝利を手にする。

手番でできること

kingdom カードゲーム 戦略 ボードゲーム

手番でできることは「攻撃」と「パス」の2つだ。一つずつ見ていこう。

攻撃

攻撃は任意のプレイヤー1人を指名して、場に出ている階級カードで勝負する。
星の数が大きければ勝てるので、基本は確実に勝てる相手を選んで勝負する。

特殊なのは魔術師だ。星は1で圧倒的に弱いが、星5の王には必ず勝利する。
相手が王を場に出していると、ことごとく周りのプレイヤーは負けてしまうのだが
魔術師によって王国は守られるときが多々ある。

特殊カードの発動で攻撃が有利になることもある。特殊カードについては後述する。

※攻撃をして相手の星の数が同数だった場合は相打ちとなり、どちらのカードも捨札行きだ。あえて相打ちを選択することも状況によってはある。特に相手の王を倒す時は、魔術師がいなければ王同士で相打ちを選択することが効果的な場面が訪れることだろう。

パス

パスは手番で何もしないことだ。確実に攻撃しても負けるときに使っている。先に自分から負けると、相手の手番で取りうるアクションの幅を与えてしまうのだ。

特殊カードで大逆転も

kingdom カードゲーム 戦略 ボードゲーム

特殊カードは5種類あり、各プレイヤーに1枚ずつ配られる。裏向きで親が配るため、他のプレイヤーの特殊カードが何であるかはわからない。これらのカードの使用条件もそれぞれに定められているので説明書を要チェックだ。特殊カードが出すタイミングが、勝利を大きく左右させる。

kingdom カードゲーム 戦略 ボードゲーム

盾は名の通り、ディフェンスのカードだ。

相手に攻撃されたときにのみ使用可能である。
いかなる攻撃から守ることができる。星の数が同数の時は通常引き分けとなるが、この効果を発動すると相手のカードだけが捨札となる。

kingdom カードゲーム 戦略 ボードゲーム
武器

武器は攻撃を強化するカードだ。

自分の手番にのみ使用可能。
自分の場に出ている階級カードの星数を2倍にする。星3のカードに使用すれば、必ず相手の王のカードに勝つことができるので、星3〜星5のカードで立て続けに勝つことがで期待できる。

kingdom カードゲーム 戦略 ボードゲーム
十字架

十字架は、一度捨札となったカードを復活させる。

自分の手番のみ使用可能。
直近に捨札としたカード1枚を場に配置する。王を早めに場に出して、相手の魔術師や王に負けたら王を即座に復活させる戦い方ができる。

kingdom カードゲーム 戦略 ボードゲーム
処刑台

処刑台は、無条件で相手のカードを捨札にできる。

自分の手番のみ使用可能。
任意の相手1人の場に出ている階級カード1枚を捨札にする。ただし、王(★5)と魔術師(★1)は対象とできず、使用した手番では攻撃を宣言することはできない。そのため自分の場のカードが弱い時、かつ相手の場のカードが星4だったりすると効果的に使える。

kingdom カードゲーム 戦略 ボードゲーム

目は、相手のカードを覗き見したり、自分の山札を操ることができる。

任意のタイミングで使用可能。
全プレイヤーの山札の一番下に配置している階級カードを確認できる。また、自分の階級カードを山札から補充する際に、山札の上2枚から選択し場に出すことができる。この効果はゲーム終了時まで継続するため、早い段階に使用し、ラウンドのカードの出し方を操りながら勝利を目指す

Kingdomはこんな人に薦めたい

実際にプレイしてみて、私は戦略カードゲーム Kingdomはこんな人に薦めたい。

  • 戦略カードゲームや対戦ゲームなど、頭を使うゲームが好き。
  • 頭を使うのが好きだが、誰とでも遊べるシンプルなゲームを探している。
  • 勝敗がはっきりわかるゲームで、さくっと勝者を決めたい。
  • 遊んでいておしゃれな、かわいいゲームを探している。
  • 重ゲーのとっかかりに最適な、短時間で楽しめるゲームをしたい。

ぜひ一度、Kingdomで遊んでみてほしい。世界の覇権を握る最強の王国を作ってみよう。

Follow me!