【プレスリリース】「詠天記(EETENKI)」のKickstarter開始

 

この度、インディーズボードゲームスタジオAccent Circonflèxeの和田啓佑と石原幽平は、オリジナルボードゲーム「詠天記 / EETENKI – The Queen Himiko Chronicles -」を世界に向けて販売する第一歩として、Kickstarterクラウドファンディングを実施致します。

 

概要

「詠天記」は、賭けがテーマでありながら、戦術性・戦略性を取り入れた非常にユニークな仕組みのボードゲームです。

時は古代日本、弥生時代。プレイヤーは小国を率いる巫女の王となり、天気の流れを読みながら稲作と占術を行い、国をより豊かにしていく責務があります。

本ゲームは、2019年春のゲームマーケットにて25セット限定で販売し、初出展にもかかわらず開場8分で完売した「詠天記(ええてんき)」をセルフリメイクしたものです。

私たちはインディーズゲーム開発者であり、まだこのゲームのハンドメイドプロトタイプしか持っていません。「詠天記」を世界に向けて販売していく第一歩として、製品版を工場発注するための費用を集めたいと考えています。

皆様のご協力をお待ちしております。

 

Kickstarterプロジェクトの再始動について

私たちは既に、2020年9月3日から30日間、このゲームのKickstarterプロジェクトを実施しましたが、当時は国内印刷工場での少量生産を前提とした原価想定を行なっていたため、プレッジ価格が高額となってしまっておりました。これが主にネックとなり、プロジェクトは残念ながら失敗に終わりました。

しかし、ゲームの内容自体は日本国内外のテストプレイヤーから高い評価を得ており、プロジェクト中も「ぜひ再度プロジェクトを行う時は支援させてほしい」等、嬉しいお声を多数いただきました。そのため、今回は国内よりも製造コストの安い海外工場への発注に切替え、前回よりも大きく価格を下げたプレッジプランをご用意しました。他にも、国内外のボードゲーマーを交えたプレイテストを重ね、フィードバックをもとにゲームの仕様にも細かな修正を加えました。

「詠天記」リリースへの再挑戦に、ぜひご注目いただけますと幸いです。

 

基本情報

タイトル
詠天記 / EETENKI – The Queen Himiko Chronicles –

ジャンル
古代日本の占術をモチーフとした戦術的ギャンブル

プレイ人数
2 ~ 4 人

プレイ時間目安
45 ~ 90 分

予定価格
ゲーム通常版 ¥5,280 + 配送料・関税
その他複数のプランをご用意しております。

Kickstarter実施スケジュール
日本時間2020年11月10日24:00〜(30日間)

Kickstarterリンク
リンク先から通知登録することで、プロジェクト開始をお知らせすることができます(購入扱いにはなりませんのでご安心ください)。
https://www.kickstarter.com/projects/keisukewada/eetenki-the-queen-himiko-chronicles-reawakened

 

過去のKickstarterプロジェクトはこちらになります。
https://www.kickstarter.com/projects/keisukewada/eetenki-the-queen-himiko-chronicles/

 

 

詠天記とは

「詠天記」は、古代日本の女王「卑弥呼」の歴史にインスパイアされて創られた架空の物語です。

各プレイヤーは、自らが率いる小国の巫女王として、数十年続く内乱の世界を生き抜き、倭国の統一王の座を狙っています。倭国全土に威信を示すには、移ろう天候を予測しつつ稲作の指示、占術や祭祀を的確に行って、クニをもっともっと豊かにしなければなりません。リスクをとって中国へ渡り、交易を行う必要もあるでしょう。

のちに「卑弥呼」として歴史に名を刻まれるのは、どの巫女でしょうか?

弥生時代の環壕集落イメージ

 

レビュー

“The game play was a wonderful surprise. I laughed so much. Even though the rules in the rulebook look complicated, once you know the gist it’s actually really easy to play. Plus trying to predict how the weather turns out or trying to outwit your opponent by not letting on about what weather cards are coming up is a lot of fun. You still need to be strategic in this game. I actually loved the game. I played the prototype version, and can’t wait for the cool art. I want to get a copy of this game. ” -Miss Merc-

Her BGG review: EETENKI – divine and manipulate the weather to become Queen Himiko

“I really enjoy Eetenki. It’s original. It’s fun. There is luck, yes, but you can also use deduction to help divine the weather from watching your opponents and using your Foresight Dream actions which helps mitigate the luck factor.

While the game is primarily tactical there is still some room for strategy.

Eetenki also has that delightful push your luck element as well, as you hope your divinations come true. This can provide some wonderful come from behind wins like a game where one player who had lost all their crops and had nothing but came back to claim the most valuable artifact.

I really liked trying to balance my divination actions between getting information or resources, it provided nice tough choices to make. For jaded gamers like myself it is the kind of game that rekindles the excitement of the hobby. Eetenki a great light to mid weight game that deserves a spot on the shelf. ” -EGG Head-

from her BGG review: Preview of Eetenki: The Queen Himiko Chronicles

“The game was really interesting.  There were a lot of things to do that you could plan for. Those that want to play more strategically can.  Those that want to push more of their luck can do so also.  It can suit more than 1 type of gamer. ”  -English-speaking playtester-

“This game was awesome! It was fun to predict the weather and check the other player’s facial expressions to see what their strategy was. The game is different every time depending on the player’s strategy, so it was exciting every time. To bet or not to bet, it’s up to you! It’s a game where humanity shows up. ” -Japanese-speaking playtester-

 

画像・動画

サイト・ブログ・SNSなどでご紹介いただける場合は、以下の画像・動画をご自由にダウンロード、リンクしてお使いください。

なお、掲載の場合は以下のアドレスまたはSNSアカウントにご一報いただけますと幸いです。

メール
accentcirconflexe2019@gmail.com

Twitter
@ACCIR2019

 

 

グラフィックデザインは変更が加えられる可能性があります。

 

 

 

Follow me!